スチールラックのボルト式とは

スチールラック、スチール棚における、ボルト式とは棚を組み立てる際にボルトを使用するスチール棚の事です。
セミボルトレス棚も一部ボルトを使用しますが、同耐荷重のボルト式とカテゴリ分けをする為に、セミボルトレス式としています。

ボルト式棚は大きく分けて2つあり、1つは軽量ボルト式棚(BO100型)、軽中量ボルト式棚(BO150型)の様に、棚板の取付全てにボルトを使用するタイプ。

もう一つは中量ボルト式棚(BO300型)、中重量ボルト式棚(BO500型)、重量ボルト式棚(BO1000型)の様に、側面に補強ブレースを取り付け、組立の際に一部ボルトを使用するタイプの2種類です。

BO300、BO500、BO1000型の3タイプは棚板の取付はボルトを使用しておりませんので、中板の段移動は簡単に行えます。

対して、BO100型、BO150型は中板もボルトで固定していますので、段移動をする際は、ボルトを取らなければいけないので、少々面倒です。

双方ともセミボルトレス式もありますので、面倒に感じる様でしたら、セミボルトレス式をオススメ致します。

棚板全て、もしくは要所をボルトで固定していますので、ボルトレス型、セミボルトレス型よりも、揺れには強い構造となっております。
より強固なスチールラックをご希望の際はオススメ致します。

ミクニヤでは下記商品でスチールラック/ボルト式がございます。
軽量ボルト式棚(BO100型)
軽中量ボルト式棚(BO150型)
中量ボルト式棚(BO300型)
中重量ボルト式棚(BO500型)
重量ボルト式棚(BO1000型)

※クリックで各ページへ飛びます