スチールラックの単体型、増連型とは

スチールラック、スチール棚における、単体型とは、それ単体で自立、設置をする事の出来る棚の種類です。別名『自立型』。
対して、増連型とはそれ単体では自立、設置をする事が出来ず、単体型の横に増連結する為の棚の種類です。
単体型の支柱の数の半分となり、足りない支柱は単体型の支柱を利用します。

同種類の棚で、同じ高さ、同じ奥行であれば、何台でも増連結が可能となっております。
横幅は単体型と同じでなくても、大丈夫です。
軽中量ボルトレス棚と中軽量ボルトレス棚は棚板以外は共通のパーツを使っていますので、この2種類に関しては混ぜて取付が可能となっております。

棚の種類BL150型BL200型BL300型 BO300型BL500型BO500型 BO1000型

※型番クリックで各ページへ

スチールラック スペック検索

耐荷重
耐荷重
高さ
高さ
横幅
横幅
奥行
奥行
段数
段数
2枚(有効1段)
3枚(有効2段)
4枚(有効3段)
5枚(有効4段)
6枚(有効5段)
7枚(有効6段)
8枚(有効7段)
9枚(有効8段)
形式
形式 形式

形式について

単体型

単体型

1台だけで使用(自立)できる棚。
増連型

増連型

単体型の支柱を利用(共有)して横連結が出来る部材。支柱の本数は2本。足りない2本は単体型と共有して使用します。増連型だけではご使用頂けませんのでご注意下さい。
ボルトタイプ
タイプ 形式

ボルトタイプについて

ボルトレスラック
ボルトを一切使用しないスチール棚。ボルトを使用しないので、棚の組み立てや段の移動が簡単に出来ます。
対応耐荷重① 150kg、200kg、300kg、500kg
ボルト式ラック
ボルトを使用して組み立てるスチール棚。一般的に同じ耐荷重ならボルト式の方が強度や揺れに強いです。500kg以上はボルト式棚をお勧めします。
対応耐荷重① 100kg、150kg、300kg、500kg、1000kg
セミボルトレスラック
天板と地板はボルト締めで、中板をフック金具を使用してボルトレスにしたもの。
対応耐荷重① 100kg、150kg
組立簡単ラック
弊社オリジナルのスチール棚。従来のアングル棚に特許を取得した弊社考案のスイング式コーナー金具を使用する事によって、組立に使用するボルト数を8本まで減らした組立簡単なスチール棚です。
対応耐荷重① 100kg
カラー
カラー