簡単検索
 特徴:
 高さ:
 横幅:
 奥行:
 段数:
 

用語特集

 

棚全般

段荷重棚板1段あたりの均等耐荷重。
均等耐荷重棚板1枚に均等に載せた場合の耐荷重。集中的に荷重が掛かった場合はおおよそ耐荷重は半分以下になります。
全体耐荷重棚全体での耐荷重。段荷重がどれだけあっても、トータルで全体耐荷重を超える積載は出来ません。 例:中軽量スチール棚 200kg/段。全体耐荷重 1000kg。200kgを5段載せる事は可能ですが、200kgを6段載せる事は出来ません。
パネル型棚にパネルを取り付けた型式。三方パネル、両側のみパネル、片側のみパネル、背面のみパネルとそろっています。三方を囲えば、収納物が落下するのを防いだり、仕切りとしてもご利用頂けます。
金網型棚に金網を取り付けた型式。三方金網、両側のみ金網、片側のみ金網、背面のみ金網とそろっています。三方を囲えば、収納物が落下するのを防ぐことが出来ます。また金網ですので、通気性に優れています。
ボルトレスラックボルトを一切使用しないスチール棚。ボルトを使用しないので、棚の組み立てや段の移動が簡単に出来ます。
ボルト式ラックボルトを使用して組み立てるスチール棚。一般的に同じ耐荷重ならボルト式の方が強度や揺れに強いです。500kg以上はボルト式棚をお勧めします。
セミボルトレスラック天板と地板はボルト締めで、中板をフック金具を使用してボルトレスにしたもの。
単体型1台だけで使用(自立)できる棚。
増連型単体型の支柱を利用(共有)して横連結が出来る部材。支柱の本数は2本。足りない2本は単体型と共有して使用します。増連型だけではご使用頂けませんのでご注意下さい。

ページトップへ戻る

 
 

軽量スチール棚

軽量スチール棚1段あたりの荷重が100kg/段、1連当りの総耐荷重が1000kgのボルト式スチール棚。L型の支柱に棚板を直接ボルトで止めるスタンダードなタイプです。
軽量セミボルトレス棚天板と地板はボルト締めで、中板をフック金具を使用してボルトレスにしたもの。TypeAからTypeDまで揃えています。段荷重はボルト式と同じですが、1連当りの総耐荷重は600kgとなります。

ページトップへ戻る

 

軽中量スチール棚

軽中量スチール棚
【ボルト式】
1段あたりの荷重が150kg/段、1連当りの総耐荷重が1000kgのボルト式スチール棚です。軽中量棚のセミボルトレス式とは形状が違いますのでご注意下さい。
軽中量スチール棚
【セミボルトレス式】
1段あたりの荷重が150kg/段、1連当りの総耐荷重が800kgのセミボルトレススチール棚です。軽中量棚のボルト式とは形状が違いますのでご注意下さい。

ページトップへ戻る

 

中軽量スチール棚

中軽量スチール棚1段あたりの荷重が200kg/段、1連当りの総耐荷重が1000kgのボルトレススチール棚です。軽量棚とは違い、C型の支柱と間口方向に梁部材を使用しますので、強度が増しています。
支柱40mm角のC型支柱ですので横からのねじれにも強い構造です。
ビーム左右の柱を繋ぐ梁部材。左右の支柱フレームの開き止めにもなります。
棚板中軽量の棚板。棚板実寸は明記寸法の『間口-80mm、奥行-27mm』
天地棚受最上段と最下段の棚板を載せる為の受部材
中棚受最上段と最下段以外の棚板を載せる為の受部材
抜け止めピンビームの左右2箇所の穴に差し込んで、ビームが支柱から抜けない様にする金具。
樹脂ベース床を傷つけない様に支柱の下に差し込む樹脂製のキャップ
単体型1台だけで使用(自立)できる棚。支柱の本数は4本
増連型単体型の支柱を利用(共有)して横連結が出来る部材。支柱の本数は2本。足りない2本は単体型と共有して使用します。増連型だけではご使用頂けませんのでご注意下さい。

ページトップへ戻る

 

軽中量スチール棚

軽中量スチール棚
【ボルト式】
1段あたりの荷重が150kg/段、1連当りの総耐荷重が1000kgのボルト式スチール棚です。軽中量棚のセミボルトレス式とは形状が違いますのでご注意下さい。
軽中量スチール棚
【セミボルトレス式】
1段あたりの荷重が150kg/段、1連当りの総耐荷重が800kgのセミボルトレススチール棚です。軽中量棚のボルト式とは形状が違いますのでご注意下さい。

ページトップへ戻る

 

中軽量スチール棚

中軽量スチール棚1段あたりの荷重が200kg/段、1連当りの総耐荷重が1000kgのボルトレススチール棚です。軽量棚とは違い、C型の支柱と間口方向に梁部材を使用しますので、強度が増しています。
支柱40mm角のC型支柱ですので横からのねじれにも強い構造です。
ビーム左右の柱を繋ぐ梁部材。左右の支柱フレームの開き止めにもなります。
棚板中軽量の棚板。棚板実寸は明記寸法の『間口-80mm、奥行-27mm』
天地棚受最上段と最下段の棚板を載せる為の受部材
中棚受最上段と最下段以外の棚板を載せる為の受部材
抜け止めピンビームの左右2箇所の穴に差し込んで、ビームが支柱から抜けない様にする金具。
樹脂ベース床を傷つけない様に支柱の下に差し込む樹脂製のキャップ
単体型1台だけで使用(自立)できる棚。支柱の本数は4本
増連型単体型の支柱を利用(共有)して横連結が出来る部材。支柱の本数は2本。足りない2本は単体型と共有して使用します。増連型だけではご使用頂けませんのでご注意下さい。

ページトップへ戻る

 
 

軽量スチール棚

軽量スチール棚1段あたりの荷重が100kg/段、1連当りの総耐荷重が1000kgのボルト式スチール棚。L型の支柱に棚板を直接ボルトで止めるスタンダードなタイプです。
軽量セミボルトレス棚天板と地板はボルト締めで、中板をフック金具を使用してボルトレスにしたもの。TypeAからTypeDまで揃えています。段荷重はボルト式と同じですが、1連当りの総耐荷重は600kgとなります。

ページトップへ戻る

 

軽中量スチール棚

軽中量スチール棚
【ボルト式】
1段あたりの荷重が150kg/段、1連当りの総耐荷重が1000kgのボルト式スチール棚です。軽中量棚のセミボルトレス式とは形状が違いますのでご注意下さい。
軽中量スチール棚
【セミボルトレス式】
1段あたりの荷重が150kg/段、1連当りの総耐荷重が800kgのセミボルトレススチール棚です。軽中量棚のボルト式とは形状が違いますのでご注意下さい。

ページトップへ戻る

 

中軽量スチール棚

中軽量スチール棚1段あたりの荷重が200kg/段、1連当りの総耐荷重が1000kgのボルトレススチール棚です。軽量棚とは違い、C型の支柱と間口方向に梁部材を使用しますので、強度が増しています。
支柱40mm角のC型支柱ですので横からのねじれにも強い構造です。
ビーム左右の柱を繋ぐ梁部材。左右の支柱フレームの開き止めにもなります。
棚板中軽量の棚板。棚板実寸は明記寸法の『間口-80mm、奥行-27mm』
天地棚受最上段と最下段の棚板を載せる為の受部材
中棚受最上段と最下段以外の棚板を載せる為の受部材
抜け止めピンビームの左右2箇所の穴に差し込んで、ビームが支柱から抜けない様にする金具。
樹脂ベース床を傷つけない様に支柱の下に差し込む樹脂製のキャップ
単体型1台だけで使用(自立)できる棚。支柱の本数は4本
増連型単体型の支柱を利用(共有)して横連結が出来る部材。支柱の本数は2本。足りない2本は単体型と共有して使用します。増連型だけではご使用頂けませんのでご注意下さい。

ページトップへ戻る

 

中量スチール棚

中量スチール棚
【300kg/段】
1段あたりの荷重が300kg/段、1連当りの総耐荷重が2000kgのボルトレススチール棚です。軽量棚とは違い、C型の支柱と間口方向に梁部材を使用しますので、強度が増しています。
中量スチール棚
【500kg/段】
1段あたりの荷重が500kg/段、1連当りの総耐荷重が2000kgのボルトレススチール棚です。300kg仕様とは棚板以外同じ部材を使います。
支柱55mmX45mm角のC型支柱ですので横からのねじれにも強い構造です
ビーム左右の柱を繋ぐ梁部材。左右の支柱フレームの開き止めにもなります。
棚板中量の棚板。棚板実寸は明記寸法の『間口-55mm、奥行きは明記寸法』
天棚受最上段の棚板を載せる為の受部材
中棚受最上段以外の棚板を載せる為の受部材
抜け止めピンビームの左右2箇所の穴に差し込んで、ビームが支柱から抜けない様にする金具。
樹脂ベース床を傷つけない様に支柱の下に差し込む樹脂製のキャップ
単体型1台だけで使用(自立)できる棚。支柱の本数は4本
増連型単体型の支柱を利用(共有)して横連結が出来る部材。支柱の本数は2本。足りない2本は単体型と共有して使用します。増連型だけではご使用頂けませんのでご注意下さい。
中量ボルト式棚1段あたりの荷重が300kg/段、500kg/段 1連当りの総耐荷重が2000kgのボルト式スチール棚です。耐荷重はボルトレス型と同じですが、ビームとブレース数箇所のボルト締めと奥行き方向のブレース(筋交い)により、揺れに大変強い構造になっています。
ブレース奥行き方向に交わって取り付ける斜材の事。

ページトップへ戻る

 

スチール棚 / 部材

L40アングル軽量棚の柱に利用する40x40mmのLアングル
L60アングル軽量棚の柱に利用する40x60mmのLアングル
L90アングル軽量棚の柱に利用する40x90mmのLアングル
フラットバー平板。主に落下防止として使用する為に取り付けます。
表示板柱に取り付けて見出しとしてご利用頂けます。
前後コボレ止め棚の前面、または背面に取り付けて収納物の落下を防ぎます。
カード差し棚に取り付けて、棚板毎に見出しをつける事が出来ます。
カード差し付 前後コボレ止めカード差しが付いた前後コボレ止め板です。
落下防止バー収納物の落下を防ぎます。前後コボレ止め板は常時取り付けとなりますが、落下防止バーは使わない時はバーを下げておくことが出来ますので、収納物の出し入れがし易くなります。
コーナープレート天板と地板の四隅に取り付ける三角プレート。棚の強度を高めます。
ベースプレートアングル支柱の脚に取り付ける金属製のベース。床への傷防止に使用します。
プラスチックベースアングル支柱の脚に取り付ける樹脂性のベース。金属製よりも傷つけにくいです。
セミボルトレス金具軽量棚の中板をボルトレスにする為のフック金具です。
L型転倒防止金具
ショートタイプ【金具のみ】
30x40mmのL型金具。主にアングル支柱と床、または壁へ取り付けて転倒防止をする為の金具です。こちらは金具のみですので、取り付けの為のネジ等はお客様にてご用意下さい。
L型転倒防止金具
ショートタイプ【木ネジ付】
30x40mmのL型金具。主にアングル支柱と床、または壁へ取り付けて転倒防止をする為の金具です。こちらは木ねじ付です。
L型転倒防止金具
ショートタイプ【アンカー付】
30x40mmのL型金具。主にアングル支柱と床、または壁へ取り付けて転倒防止をする為の金具です。こちらはアンカー付です。通常アンカーを取り付ける場合はドリルで穴を開けなくてはいけませんので、ご注意下さい。
L型転倒防止金具
ロングタイプ【金具のみ】
40x75mmのL型金具。主にアングル支柱と床、または壁へ取り付けて転倒防止をする為の金具です。こちらは金具のみですので、取り付けの為のネジ等はお客様にてご用意下さい。
L型転倒防止金具
ロングタイプ【木ネジ付】
40x75mmのL型金具。主にアングル支柱と床、または壁へ取り付けて転倒防止をする為の金具です。こちらは木ねじ付です。
L型転倒防止金具
ロングタイプ【アンカー付】
40x75mmのL型金具。主にアングル支柱と床、または壁へ取り付けて転倒防止をする為の金具です。こちらはアンカー付です。通常アンカーを取り付ける場合はドリルで穴を開けなくてはいけませんので、ご注意下さい。
側コボレ止め板軽量棚の側面に取り付けて、側面からの落下を防ぐための部材。軽量セミボルトレス棚 TypeDには取り付け出来ません。
Φ50アングルキャスターS付車輪の大きさが50mmの軽量棚用のストッパー付キャスター。キャスターを取り付けた場合は全高が+65mm高くなります。
Φ50アングルキャスターS無車輪の大きさが50mmの軽量棚用のストッパー無キャスター。キャスターを取り付けた場合は全高が+65mm高くなります。
Φ75アングルキャスターS付車輪の大きさが75mmの軽量棚用のストッパー付キャスター。キャスターを取り付けた場合は全高が+100mm高くなります。
Φ75アングルキャスターS無車輪の大きさが75mmの軽量棚用のストッパー無キャスター。キャスターを取り付けた場合は全高が+100mm高くなります。
ビスセットボルト・ナット100発分のセット品です。
セット部材コーナープレート16枚、ベースプレート4個、ビス必要数が入ったセット部材。これとアングル支柱4本と棚板必要数で軽量棚が出来上がります。
六角レンチ六角穴付ボルトを締める為の工具。
六角穴付ボルトボルトの頭に六角の穴が開いたボルト。レンチを使えば棚の前面からボルトを締め付ける事が可能です。
Wコーナープレート軽量セミボルトレス棚 TypeB,Dに使用。用途は同じですがBとDでは形が違います。棚板の角に納まりやすい様に2枚の三角プレートをくっつけた様な金具
ワンタッチコーナー金具軽量セミボルトレス棚 TypeCに使用。他のTypeのコーナー金具と違い、棚板の内側の角にカチッとはまって固定できるのでボルトが留め易いです。

ページトップへ戻る

 

スチール本棚

複柱書架 4本以上の柱で構成されるスチール棚。主に本、ファイル、バインダ、文書箱などを収納する棚です。B5用の書架がJIS適合商品です。
単柱書架 2本の柱で構成されるスチール棚。主に本、ファイル、バインダ、文書箱などを収納する棚です。
複柱単式書架 壁際に設置するなど1方向からのみ使用する書架です。
複柱複式書架 単式書架を背併せに2台を並べて設置した様な書架。単式型と違って前後からの使用が可能です。付属している棚板の枚数は単式型の倍になります。
単体型 1台だけで使用(自立)できる棚。支柱の本数は単式4本、複式6本
増連型 単体型の支柱を利用(共有)して横連結が出来る部材。支柱の本数は単式2本、複式3本。足りない本数は単体型と共有して使用します。増連型だけではご使用頂けませんのでご注意ください。
B5用 B5サイズの本、書類などを収納するのに適したタイプ。棚板のサイズはW854xD215となります。
A4S用 A4縦サイズの本、書類などを収納するのに適したタイプ。棚板のサイズはW854xD250となります。
A4用 A4サイズの本、書類などを収納するのに適したタイプ。棚板のサイズはW854xD300となります。
B4用 B4サイズの本、書類などを収納するのに適したタイプ。棚板のサイズはW854xD400となります。
側当り板 書架の側面に引っ掛けて、側面からの落下を防ぐ部材。書架の棚板の側面には8cm程度の立ち上がりが標準で付いていますので、単行本程度でしたら落下を防げます。通常は1段に2本必要です。
背当りバー 柱の穴に引っ掛けて間口方向からの落下を防ぐ丸棒。複式書架の場合の間仕切りとしても使用可能です。
背当り板 柱の穴に引っ掛けて間口方向からの落下を防ぐ平板。複式書架の場合の間仕切りとしても使用可能です。
移動仕切り 棚板の前面から差し入れて、仕切りとして使用する板。
落下防止バー 間口方向に取り付けて落下を防ぐ部材。使わない場合はバーを下げられるので、収納物の出し入れがし易くなります。
ブックエンド 棚板の裏面に取り付けて仕切りとして使用する部材。強度は弱いので、移動仕切りの方がお勧めです。
背面パネル 背面に取り付けるパネル。パネルを取り付ける事によって、ホコリや紫外線を防ぐ事が可能です。
側面パネル 側面に取り付けるパネル。パネルを取り付ける事によって、ホコリや紫外線を防ぐ事が可能です。
トップブレース 書架の天板と天板を繋いで転倒防止をする為の部材。取り付ける為には少し加工が必要です。
アンダーブレース 書架の下部と下部を繋いで転倒防止をする為の部材。スロープが付いていますので、移動も可能です。
ウォールブレース 壁面に固定する際に使用する部材です。天板に取り付けをします。壁面固定用のネジ等はご用意下さい。
床固定金具 最下段の棚板の下に取り付ける床固定用の部材。固定用のネジ等はご用意下さい。
ステンレス棚 SUS304またはSUS430で作成されたステンレス製のスチール棚。ステンレス製ですので耐食性に強く錆びづらいです。薬品工場、食品関係、クリーンルームでの使用にお勧めです。
SUS304 非磁性ですので、磁石に付きません。その為、SUS430よりも錆びづらくなっています。
SUS430 価格はSUS304よりも優れていますが、耐食性や強度は劣ります。磁性がありますので、磁石に付きます。
 

○ミクニラックについて


弊社で扱っております、ミクニラックは一般的にはスチール棚・スチールラック・スチール本棚・スチールシェルフなどと呼ばれている製品です。スチール棚・スチールラックはトラスコ中山、サカエ、コクヨ、プラス、イトーキ、岡村製作所、ナイキ、生興、東洋事務器工業など色々なメーカーが扱っておりますが、自社生産をしているメーカーは殆どありません。弊社では材料のコイル購入から加工、塗装、梱包までを提携工場含め一括で行っている数少ないメーカーとなっております。商品自体は違う名称で各事務機メーカーにも卸しております。


○ミクニラックの安さの秘密


上記ミクニラックについてでも明記をさせて頂きましたが、スチール棚・スチールラックは一般的な事務機メーカーでは自社生産をしておりません。生産メーカーからの仕入れとなります。また、生産メーカーから直で仕入れを出来ずに、商社等間に何社か経由してしまう場合もございます。その経由分だけお値段が高くなってしまいます。ミクニラックはその経由が無い分、お安くご提供が出来るのです。


○ミクニラックの種類について


ミクニラックでは次の製品を扱っております。
ミクニラックBO100型(軽量ボルト式スチールラック)、ミクニラックSB100型(軽量セミボルト式スチールラック)、ミクニラックE100型(組立簡単らくらくラック)、ミクニラックBO150型(軽中量ボルト式スチールラック)、ミクニラックSB150型(軽中量セミボルト式スチールラック)、ミクニラックBL150型(軽中量ボルトレススチールラック)、ミクニラックBL200型(中軽量ボルトレススチールラック)、ミクニラックBL300型(中量ボルトレススチールラック)、ミクニラックBO300型(中量ボルト式スチールラック)、ミクニラックBL500型(中重量ボルトレススチールラック)、ミクニラックBO500型(中重量ボルト式スチールラック)、ミクニラックBO1000型(重量ボルト式スチールラック)。その他区分棚、スチール書架、スチール本棚、ステンレス棚、ステンレスラック等扱っております。


○サイズについて


ミクニラックでは次の基本サイズを取り扱っております。
高さ120cm、高さ150cm、高さ180cm、高さ210cm、高さ240cm。横幅60cm、横幅87.5cm、横幅90cm、横幅120cm、横幅150cm、横幅180cm。奥行30cm、奥行45cm、奥行60cm、奥行75cm、奥行90cm、奥行120cm。工場直生産の為、別寸対応も可能でございます。棚板枚数は天地板含めて2段、3段、4段、5段、6段、7段、8段、9段までお選べ頂けます。もちろんこれ以上の棚板の追加も可能でございます。


○業務用として幅広く活用されるスチールラック・スチール棚


オフィスや工場、倉庫、病院、学校など様々なシーンで幅広く活用できる業務用スチールラック・スチール棚。
その特徴は、豊富なパーツを組み合わせる事で場所を選ばず設置する事のできる利便性にあります。ただし欲しい寸法にあったものをたくさんのパーツの中から選ぶのは一苦労ではありませんか?弊社の販売する業務用スチールラック・スチール棚は既存の商品のバリエーションが豊富な為、用途や寸法・耐荷重などからセミオーダー感覚でお選び頂く事ができます。天板や骨ぐみ、細かなパーツを各々選択する面倒な手間がかかりません。1台から使用(自立)できる単体型、単体型の支柱を利用(共有)して横連結が出来る連結型からお客様のご希望に沿ったスチールラック・スチール棚をご提供しております。また、設置の事についてもぜひご相談下さい。ご購入ご検討中の方、様々な設置事例を分かりやすくお伝えします。たくさんの設置事例をもつ経験豊富なスチールラックの専門家がお客様をサポートします。


○業務の効率アップ!スチールラック・スチール棚の活用


スチールラック・スチール棚に限らず棚への収納といえば、下段から重くや形の大きなもの、目線の高さには頻繁に使うもの、上段には使用頻度が低いものや軽いものを置く事が基本的な収納方法です。職場に設置されるスチールラック・スチール棚の活用は大人数で使用する事を想定し、より効率の良い収納が求められます。スチールラック・スチール棚はその特徴であるシンプル構造から、お客様の職場それぞれの目的にあわせてカスタマイズが可能な為、収納の工夫次第で業務効率のアップします。書類の多い事務所では同じ大きさのファイルボックス並べてラベルを張り、担当やタスク毎に管理。工場や倉庫などではスチールラック・スチール棚の各設置場所に識別番号(住所のように)を付け、棚自体には番号や記号を割り振りるロケーション管理がおすすめです。どこに何があるのかをまとめておけば、備品を発注しすぎたり、ものを探す手間が省け時短にもつながりますね。


○業務用としてだけではない!ご家庭でも人気のスチールラック・スチール棚


最近ではご家庭の収納インテリアとして業務用スチールラック・スチール棚が人気を集めています。
例えば白と黒を基調としたモノトーン調のお部屋。壁際に定規で線を引いたようなスチールラック・スチール棚はいかがですか?お部屋のイメージを邪魔しないうえに幅広い用途で活躍します。市販のファイルボックスやおしゃれなマルチボックスを並べれば、お客様のイメージにそったお部屋つくりが実現します。水槽やオブジェを置いたり、大容量タイプの本棚としてもおすすめです。幅・高さ・タイプも様々なので収納するものを選びません。

このページの先頭へ