簡単検索
 特徴:
 高さ:
 横幅:
 奥行:
 段数:
 

 

ラックのことならおまかせください!

 

いらっしゃいませ!ミクニヤへようこそ!

ミクニヤは棚・ラックの専門店です。ラックのことなら私たちにおまかせください!
数ある棚のなかでも、スチール棚(スチールラック)の商品数は、特に豊富に取り揃えております。

日本のスチール棚の歴史は比較的新しく、昭和36年に弊社でも扱っている軽量棚の支柱部材である多穴式アングル【名称:ハンディアングル】がイギリスから輸入された事から始まりました。
アングルの日本国内での製造は昭和39年に興国人絹パルプ株式会社(現:株式会社興人)が興人アングルという名称で生産を始めました。
この段階ではスチール製はまだ支柱部分しかなく、当時の棚はアングル材を組み合わせてボルトで固定して枠組みを作り、棚板にあたる部分はチップボードで代用する棚(アングルボード棚)が支流でした。
その後、鉄板の四方を折り曲げ棚板にしてアングル材にボルトで固定した『軽量スチール棚(アングル棚)』が発売されます。
今までのアングルボード棚とは違い、枠組みを作る必要がないので納期が大幅に短縮でき、またスチール製なので丈夫で軽い軽量スチール棚は爆発的な人気商品となり、その後のスチール棚開発の基礎となりました。

軽量スチール棚はその単純な構造から価格を安く抑えられましたが、ボルトを締め付ける箇所が多い為、組み立てがとても大変な棚でした。
そこで支柱を従来のL型支柱からC型(コの字型)支柱に変更し、ボルトを使わずに組み立て上げる事の出来る『ボルトレススチール棚』が開発されました。
ボルトを一切使わないので組み立てが簡単なボルトレススチール棚もヒット商品となりました。
しかし、棚に使用するパーツの数を増やした事によりコストが掛かり、軽量棚よりも大幅に価格が高くなってしまいました。

そこでミクニヤは試行錯誤の末、軽量セミボルトレススチール棚『組立簡単らくらくラック』を開発しました。
『組立簡単らくらくラック』は従来の軽量棚を改良して、強度の大幅に上げ、組み立てをし易くしたスチール棚です。
特殊な曲げ加工を施し強度を上げたアングル支柱に弊社考案の『スイング式コーナー金具』を使用する事で棚1台に対してボルトの数を8本のみにし、軽量棚の価格面とボルトレス棚の組み立てやすさを両立させた特許出願中のスチール棚です。
今後もミクニヤはスチール棚の販売だけでなく、お客様にとって使いやすい、便利なスチール棚の開発もしていきたいと考えています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

○ミクニラックについて


弊社で扱っております、ミクニラックは一般的にはスチール棚・スチールラック・スチール本棚・スチールシェルフなどと呼ばれている製品です。スチール棚・スチールラックはトラスコ中山、サカエ、コクヨ、プラス、イトーキ、岡村製作所、ナイキ、生興、東洋事務器工業など色々なメーカーが扱っておりますが、自社生産をしているメーカーは殆どありません。弊社では材料のコイル購入から加工、塗装、梱包までを提携工場含め一括で行っている数少ないメーカーとなっております。商品自体は違う名称で各事務機メーカーにも卸しております。


○ミクニラックの安さの秘密


上記ミクニラックについてでも明記をさせて頂きましたが、スチール棚・スチールラックは一般的な事務機メーカーでは自社生産をしておりません。生産メーカーからの仕入れとなります。また、生産メーカーから直で仕入れを出来ずに、商社等間に何社か経由してしまう場合もございます。その経由分だけお値段が高くなってしまいます。ミクニラックはその経由が無い分、お安くご提供が出来るのです。


○ミクニラックの種類について


ミクニラックでは次の製品を扱っております。
ミクニラックBO100型(軽量ボルト式スチールラック)、ミクニラックSB100型(軽量セミボルト式スチールラック)、ミクニラックE100型(組立簡単らくらくラック)、ミクニラックBO150型(軽中量ボルト式スチールラック)、ミクニラックSB150型(軽中量セミボルト式スチールラック)、ミクニラックBL150型(軽中量ボルトレススチールラック)、ミクニラックBL200型(中軽量ボルトレススチールラック)、ミクニラックBL300型(中量ボルトレススチールラック)、ミクニラックBO300型(中量ボルト式スチールラック)、ミクニラックBL500型(中重量ボルトレススチールラック)、ミクニラックBO500型(中重量ボルト式スチールラック)、ミクニラックBO1000型(重量ボルト式スチールラック)。その他区分棚、スチール書架、スチール本棚、ステンレス棚、ステンレスラック等扱っております。


○サイズについて


ミクニラックでは次の基本サイズを取り扱っております。
高さ120cm、高さ150cm、高さ180cm、高さ210cm、高さ240cm。横幅60cm、横幅87.5cm、横幅90cm、横幅120cm、横幅150cm、横幅180cm。奥行30cm、奥行45cm、奥行60cm、奥行75cm、奥行90cm、奥行120cm。工場直生産の為、別寸対応も可能でございます。棚板枚数は天地板含めて2段、3段、4段、5段、6段、7段、8段、9段までお選べ頂けます。もちろんこれ以上の棚板の追加も可能でございます。


○業務用として幅広く活用されるスチールラック・スチール棚


オフィスや工場、倉庫、病院、学校など様々なシーンで幅広く活用できる業務用スチールラック・スチール棚。
その特徴は、豊富なパーツを組み合わせる事で場所を選ばず設置する事のできる利便性にあります。ただし欲しい寸法にあったものをたくさんのパーツの中から選ぶのは一苦労ではありませんか?弊社の販売する業務用スチールラック・スチール棚は既存の商品のバリエーションが豊富な為、用途や寸法・耐荷重などからセミオーダー感覚でお選び頂く事ができます。天板や骨ぐみ、細かなパーツを各々選択する面倒な手間がかかりません。1台から使用(自立)できる単体型、単体型の支柱を利用(共有)して横連結が出来る連結型からお客様のご希望に沿ったスチールラック・スチール棚をご提供しております。また、設置の事についてもぜひご相談下さい。ご購入ご検討中の方、様々な設置事例を分かりやすくお伝えします。たくさんの設置事例をもつ経験豊富なスチールラックの専門家がお客様をサポートします。


○業務の効率アップ!スチールラック・スチール棚の活用


スチールラック・スチール棚に限らず棚への収納といえば、下段から重くや形の大きなもの、目線の高さには頻繁に使うもの、上段には使用頻度が低いものや軽いものを置く事が基本的な収納方法です。職場に設置されるスチールラック・スチール棚の活用は大人数で使用する事を想定し、より効率の良い収納が求められます。スチールラック・スチール棚はその特徴であるシンプル構造から、お客様の職場それぞれの目的にあわせてカスタマイズが可能な為、収納の工夫次第で業務効率のアップします。書類の多い事務所では同じ大きさのファイルボックス並べてラベルを張り、担当やタスク毎に管理。工場や倉庫などではスチールラック・スチール棚の各設置場所に識別番号(住所のように)を付け、棚自体には番号や記号を割り振りるロケーション管理がおすすめです。どこに何があるのかをまとめておけば、備品を発注しすぎたり、ものを探す手間が省け時短にもつながりますね。


○業務用としてだけではない!ご家庭でも人気のスチールラック・スチール棚


最近ではご家庭の収納インテリアとして業務用スチールラック・スチール棚が人気を集めています。
例えば白と黒を基調としたモノトーン調のお部屋。壁際に定規で線を引いたようなスチールラック・スチール棚はいかがですか?お部屋のイメージを邪魔しないうえに幅広い用途で活躍します。市販のファイルボックスやおしゃれなマルチボックスを並べれば、お客様のイメージにそったお部屋つくりが実現します。水槽やオブジェを置いたり、大容量タイプの本棚としてもおすすめです。幅・高さ・タイプも様々なので収納するものを選びません。